海外FXの醍醐味はレバレッジ!取引スタイルに合わせレバレッジを設定しよう

FXの良い所というのはまず自己資金がそんなに多くなかったとしてもそれなりに大きな金額にするということができるという点でしょう。

基本的に大きく投資をすることができるようになります。自己資金が少ないときにもレバレッジという方法によって自己資金の何倍の取引をすることができるという点にメリットがあります。

ただしその点こそがリスクが高いことに繋がったりするということになりますから注意しておきましょう。

FXではどのようなことを考えて取引をするのかと言いますと当然どのような値動きをするのかという予想するわけです。

例えば経済指標の方向性でそこそこ予想というのができなくはないことになりますから、これはとてもよいことになります。

しかし、そうした予想の仕方というのは例えば1分後の値動きなどを見定めて行っているというわけではなくかなり長期的なポジションを維持する人に向けて行われるようなアプローチと言えるでしょう。

そうではない場合において大事になってくるのは要するに今現在の市場の圧力という部分になるわけです。

そういうチャートの読み方とか為替の値動きの強弱というのを考えて取引するというのをデイトレードといいます。

多くの投資には長期的な投資であるのかは短期的な投資であるのかということによってアプローチの仕方が違うということになるわけですが、それは基本的に長期的な投資というのにはそれほど向いているというわけではないのですが一つの方法としてスワップポイントを狙うというのがありますよ。

これは国によって政策金利が違うということでそのさを狙ったものであり、日本の場合は特にこの方法がものすごく有効的であることが多いです。

簡単に言いますと日本の金利というのが既に地を這うようなレベルになっていますのでどこの国の通貨にしようと少なくとも日本の金利よりは高いのでスワップポイントをもらうことがほぼ間違いなくできるというようなことがあるからです。

しかし、金利差を利用したということができる取引でもあるのですがずっとポジションを保持していなければならないということもあったりするので、そこがあまりお勧めできる要素ではない、ということがあります。ですから、あくまで売却益を狙うという事の方がまだ良いでしょう。

良いと言われている時期というのは要するに様々な政策的な情報が集まってくるというような時にやると良いです。

GDPが発表されるとかアメリカの雇用統計が発表されるといったような時には少なくとも結構分かりやすい形で相場というのが動いたりします。

もちろんそれは確実というわけではないのですがおおよそこれからの雇用統計がどういう指標として発表されるのかということが分かっているというよりは予想ができている人であれば為替相場がどのように動くかというのも、絶対ではないですがそれなりに判断できることがあったりします。そんなときだけ取引をする、という手もあるでしょう。

出典:レバレッジのてこの原理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です